女性が睡眠障害になってしまったらどんな影響がある?

女性が睡眠障害になると起こる影響

女性が睡眠障害になると起こる影響

女性が睡眠障害になることで起こる影響として最も知られているのが、生理不順です。

ある一定の年齢をむかえるまで毎月必ずやってくる生理が、睡眠障害によって十分な休息が得られなくなることにより、遅くなってしまったり早まってしまったりひどい時は何ヶ月もこなくなったりしてしまいます。

このような状態になってしまうと、ダルさが抜けなかったり気持ちの浮き沈みが常に激しい状態になってしまったりするため、日常生活にも大きなマイナスの影響が出てきてしまいます。

女性にとって生理は一ヶ月に一回の大切なデトックス習慣ともいえますから、これがなくなってしまうということは、身体のリズムが崩れ・巡りも悪くなってしまっているということになり、大変危険です。

女性の方が男性より睡眠障害になりやすい?

女性の方が男性より睡眠障害になりやすい?

夜にお布団に入ってもなかなか寝付けずに辛い睡眠障害は、女性の方が男性よりも陥りやすいというのは本当でしょうか。

答えはイエスです。女性の方が睡眠障害になりやすい理由は、主に2つの原因が考えられます。

1つは女性ホルモンの影響、もう1つは「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンの前駆体となるセロトニンの合成能が男性より1.5倍ほど低いことが知られているからです。

ホルモンの影響で眠りにくいというのは、月経周期と関係しています。生理前に体の不調を感じるPMSの症状の一つに、夜に寝られないという睡眠障害があります。

しかし、これは病的なものではなく、生理現象なので気にしなくても良いようです。また、女性特有の睡眠障害としては、更年期のホルモンの減少による不眠もあります。

妊娠中の女性は睡眠障害になりやすい?

妊娠中の女性は睡眠障害になりやすい?

妊娠中の女性の体は普通の体ではありません。自分とは違うもう1つの命がお腹の中にあるため、ホルモンバランスが変わるのはもちろんのこと日々の体調も変化します。

そんな妊娠中に多くの女性が悩まされるのが睡眠障害です。妊娠初期にはつわりに悩まされる人が多く、その気分の悪さからぐっすりと眠ることができないという声があがっています。

つわりが落ち着く安定期になるとやっと眠れるようになったという人もいるのですが、今度はお腹が大きくなってくるようになりその圧迫感から呼吸が浅くなってしまったり、気分が悪くなったりして眠れなくなる人もいます。

睡眠障害を招く原因はその時期によって違いがありますが、普通の体ではないからこそ睡眠に関する困難を実感する人は少なくはありません。