誹謗中傷で悩まない為には、誹謗中傷の原因や対策法を知ろう!

誹謗中傷をされる主な原因とは?

誹謗中傷をされる主な原因とは?

誹謗中傷される主な原因ですが、ほぼほぼユーザーからの嫉妬です。嫉妬心は人を迷惑行為にかりたてる、最も大きな原因です。

SNSを見ていたら、自分よりも豪華な暮らしをしている同性のユーザーを見つけた、とても腹立つので誹謗中傷でちょっと虐めてやろう、こういった動機から迷惑行為が行われます。

嫉妬の炎は、元々ルサンチマンを抱えている人々の心につきやすいです。誹謗中傷はあくまで結果であり、また善良にSNSを活用しているユーザーほど、逆恨み的に悪質なユーザーにからまれやすいです。

ブランド品の写真をSNSにアップした、高得点を取ったゲームのスクリーンショットをアップした、豪華なディナーを楽しんだ事をコメントした等、他人の恨みを買う行動をした後、誹謗中傷をされる恐れが出てます。

自分の書き込みも誹謗中傷になり得る?

自分の書き込みも誹謗中傷になり得る?

誹謗中傷とは根拠のない悪口で他人をそしり、それによって名誉や信用を失わせることを意味します。そして、他人とは個人に限らず法人も対象となります。

もし自分の書き込みが誹謗中傷に該当すれば、名誉毀損罪、侮辱罪、信用毀損罪、業務妨害罪などに問われる可能性があります。

自分の書き込みが誹謗中傷に該当するかどうかの判断は、そこに悪意があるかどうかで判断されます。

例えば、訪問したお店の接客が気に入らなかった場合を考えますと、単純に他のネットユーザーに対してその事実を知って欲しいと思っただけでは、罪になることはありません。

一方で、書き込みの内容に嘘や脚色がある場合には、誹謗中傷に該当します。また、個人を攻撃する内容の書き込みはプライバシーの侵害にあたる可能性が生じます。

プライバシーの侵害は広く認められやすい傾向がありますから、個人を特定できる書き込みは誹謗中傷になり得ます。

もし自分の誹謗中傷を見つけたら

もし自分の誹謗中傷を見つけたら

ネットの掲示板等で自分の誹謗中傷を見つけたときは冷静に対応するのが効果的です。

学校や会社など身近なところに誹謗中傷を書いた犯人がいる場合が多いので、周りに言いふらしてしまうと面白がって更に誹謗中傷を続けることがあるからです。

書かれている内容がただの悪口程度なら軽く流して放置することができる度量の大きさを持つことが大切で、明らかに損害がでるような嘘や個人情報などがわかる場合は警察に相談するのが効果的です。

対策としては過剰反応してネットの掲示板等に誹謗中傷の仕返しをして相手の悪口を書いたりしない方が良いです。

相手を刺激することで、自分に対する誹謗中傷が更に増えるだけなので、冷静に対応して様子を見るのと落ち着くことが多いです。