睡眠障害はどんなことが原因で起きる?治療方法はある?

睡眠障害とは?

睡眠障害とは?

睡眠障害とは人によって様々で、年配などの場合は頻尿によって何度も夜中にトイレに行くため目が覚めてしまったり、仕事のストレスなどでそのことが忘れられないないで寝付けなかったり身体や病気や症状で寝付けなかったりします。

睡眠障害で大切なことは、その原因を突き止めて解消することです。生活習慣を見直すだけでよくなる場合や、医者により治療が必要な場合もあり、対処法が変わってきます。

その主な原因がストレスに関連して起こる不眠の心理的原因の場合は、特に眠れなくなってしまった前後の出来事を詳しく検討することで不眠の原因が明らかになることがあります。

身体や病気や症状で起こる身体的原因は、身体的病気を治療することで改善します。精神や神経の病に伴う精神医学的不眠は、お医者さんに行って相談することが重要です。

ストレスで睡眠障害になる?

ストレスで睡眠障害になる?

近ごろ寝つきが悪いとか、寝ているのにスッキリ起きられない、夜中に何度も目が醒めてしまう、などの症状に悩まされていませんか?

寝る直前までスマホやパソコンを見るのも、ブルーライトが睡眠の質を下げるとも言われていますし、生活リズムが安定していなかったり、アルコールや喫煙、栄養ドリンク剤の飲みすぎによるカフェインの摂りすぎも睡眠には良い影響を与えないようです。

睡眠障害の原因のひとつにストレスが関係している場合が考えられますが、実際には仕事上の悩み、人間関係など全くストレスを抱えない生活はなかなか実現するのが難しいもの。

日々の生活の中で無理のない取り組みとして、軽い運動やストレッチ、趣味で気持ちの切り替えをするのがおすすめです。

体の不調からくる睡眠障害でなければ、生活習慣の見直しや心がけで、改善されることもありますから、一度は生活の見直しをするのも良いかもしれません。

睡眠障害の治療法は?

睡眠障害の治療法は?

日頃から大きなストレスを抱えていたり、ショックな出来事があったせいで精神ダメージを負ってしまうと、睡眠障害に長期間悩まされ続ける事になりかねません。

もし睡眠障害を患ってしまったのであれば、ホルモンバランスや自律神経が乱れている可能性もあるので、自力での対処は難しいと考えてください。

まずは医師にアドバイスを求めて、ホルモンバランスなどを整えるための治療法を実践して、どれだけ効果があるのか確かめてみる事を推奨します。

薬を飲む事で強引に眠ろうとしていても、自律神経の乱れが悪化するだけの可能性もあるからこそ、医師のアドバイスは必ず必要になります。

あまりにも仕事が忙しい時には、睡眠障害の治療のために仕事を変える必要もあると考えてください。